【ロンドンの顔が変更!】次世代電動ロンドンタクシー

電気自動車

【ロンドンの顔が変更!】次世代電動ロンドンタクシー

英国のロンドンEVカンパニー(旧ロンドン・タクシー・カンパニー)は9月12日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー2017において、次世代電動タクシーを欧州全域に投入すると発表した。

出典 http://norisoku.com


今回発表になった新しい電動タクシーは、2017年第4四半期(10~12月)にロンドンで発売になるそうです。その後はなんと!欧州全域に投入されることが決まったんだそうです。ということはヨーロッパ全土で同じようなスタイルのタクシーが走るということなんでしょうか?

発表があったフランクフルトモーターショー2017では、特設ブースの「ニュー・モビリティ・ワールド」に、次世代EVタクシーのドイツ仕様車を展示しました。同社によると、欧州各国それぞれの規制に応じた仕様でタクシーを開発できそうです。

London Taxi TX4 レビュー


動画見てどう思いましたか?
車イスのままタクシーに入ることが出来たり、ドライバーのセキュリティーがしっかりしていたり、対面でリヤシートは座れたり、wifiが設置されていたりと快適な空間に仕上がっていますよね!

外観も丸みを帯びていてデザインもロンドンらしさが見れますが、実は・・・
これは改良されてこのデザインになりました。

以前のデザインはちょっとロンドンらしからぬ雰囲気がありましたので紹介します。

日産製のロンドンタクシーのデザインに批判殺到

ロンドンタクシーデザイン変更前のNV200

出典 http://wired.jp


何だかロンドンぽく無いですよね・・・・フォルムが悪いというか・・・

ロンドン名物の黒塗りタクシー「ブラックキャブ」
その印象とは少し・・・というかだいぶ違う現代らしいフォルムです。
ブラックキャブの後継として日産が開発した車両なんですが、やはりは発表直後から、ロンドンを象徴するデザインに即していないと批判殺到によりデザインチェンジを余儀なくされました。

デザイン変更後の現在のロンドンタクシー

ロンドンタクシーNV200

出典 http://wired.jp

ロンドンタクシーNV200

出典 http://wired.jp

パーマー副社長、日産「NV200」ロンドンタクシーを語る


このタクシーの凄いところを紹介します!

電動パワートレインは、モーターを基本に、小型ガソリン発電機を備えた「eCity」と命名されました。

このeCityは、最大およそ110kmをゼロエミッション走行します。

ゼロエミッション(Zero emission)というのは、自然界に対する排出ゼロとなる社会システムのことをいいます。産業により排出される様々な廃棄物・副産物について、他の産業の資源などとして再活用することで社会全体として廃棄物をゼロにしようとする考え方のことです。

つまり、エコなんですね!

さらに、バッテリー(二次電池)の残量が少なくなると、発電専用の小型エンジンが始動して、モーターに電力を供給すると同時に、バッテリーも充電します。

もう何が何だか分かりません。

このシステムを使うと、航続がなんと!およそ640km以上へ拡大するんだそうです。

つまり「英国ロンドンからフランス・パリまで、無給油で走行可能」と同社は自信を見せています。

各パワートレインの構造の違い

出典 http://wieck-nng-production.s3.amazonaws.com

「e-POWER」のしくみ、技術について

「e-POWER」は、ガソリンエンジン、発電機、インバーター、モーターから成るコンパクトな一体型パワートレインと高電圧バッテリーから構成されています。現在広く普及している従来型のパラレルハイブリッドでは、駆動にエンジンと小型モーターを併用していますが、「e-POWER」では、エンジンはタイヤには直接つながっておらず、モーターのみで100%駆動することが最大の特徴です。また、「日産リーフ」のような100%電気自動車と異なるのは、バッテリーに蓄えた電力に加え、ガソリンエンジンで発電した電力を使う点です。「日産リーフ」のエネルギー源はバッテリーのみで、外部から充電器を通じて充電します

出典 http://newsroom.nissan-global.com

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ