フォルクスワーゲン ID Buzz、欧米中で市販決定 コンセプトが好評

自動車


可愛らしいフォルムで女性からも大人気のフォルクスワーゲンは、ID Buzzコンセプトの生産化を発表しました。マイクロバス(ワーゲンバス)をモチーフにしたMPVとして、2022年に発売する予定だそうです。なお、この車種には高度自動運転機能の搭載も考えられているとか。

生産化が公表された。現在のところ、販売地域は、

・ヨーロッパ
・アメリカ
・中国

と発表されている。

同じワーゲンバスでも中身は完全に別物

フォルクスワーゲン ID Buzz

出典 http://levolant-boost.com

「I.D.BUZZ」を披露
Text & Photo:Naohide ICHIHARA (Editor in Chief)
この記事をシェアする
AUTHOR : LE VOLANT BOOST編集長 市原
CATEGORY : トピックス
Text & Photo:Naohide ICHIHARA (Editor in Chief)
同じワーゲンバスでも中身は完全に別物

フォルクスワーゲン(VW)は昨年9月のパリモーターショーで発表した次世代電気自動車(EV)のコンセプトカー「I.D.(アイ・ディー)」の派生モデル、「I.D.BUZZ(アイ・ディー・バズ)」をワールドプレミアした。

I.D.はいわばゴルフのEV版とも呼べる5ドアハッチバックだったが、こちらは背の高いミニバン的ボディを持つ。VWは昨年もCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)で同様のコンセプトカー「BUDD-e」を公開しており、2年連続の出展はVWの力の入れようの現れともいえそう。市販の可能性もありそうだ。

vw-i-d-buzz-2017-8

そんなI.D.BUZZは前後アクスルにモーターを備える4WDで、バッテリーは床下に搭載。そのため室内フロアが広くフラットになり、最大8人の乗車が可能に。これはコンパクトな水平対向エンジンをリアに置き、広い室内空間を誇ったVWタイプII、通称「ワーゲンバス」にも通じる部分といえる。

I.D.が2020年の発売を見据えたモデルということで、自動運転にももちろん対応。ステアリングをダッシュボードに押し込むと自動運転モードに入り、その際は運転席を逆向きにすることも可能になっている。

プラットフォームはI.D.と同じ電気自動車専用の「MEB(モジュラー・エレクトリック・ドライブキット)で、航続可能距離は最大600km。プレスリリースには「I.D.シリーズは手頃な価格を実現する」とあることからも、続報やさらなる派生モデルが登場する可能性は高そう。そう、I.D.を見ればVWの次世代戦略が透けて見えるのである。

出典 http://levolant-boost.com

性能は?

スペックなどは現時点では不明だが、コンセプトカーでは、1回の充電で走行可能な距離は約480キロとされていた。これはガソリン車の航続距離にかなり近く、1960年代のフォルクスワーゲンバス同様「どこへでも、どこまででも行ける」という感覚を搭乗者に与えてくれるだろう。バッテリーは、フォルクスワーゲンの高速充電システムを使用すれば、わずか30分で80%までの充電が可能だ。価格は未発表だが、Diess博士は競合他車よりもずっと手を出しやすいものになるとしている

出典 http://internetcom.jp

「I.D. Buzz」ってどういう意味があるの?

「I.D.」には、「アイデンティティ」や「アイデア」「インディビデュアル」「インテリジェント」「アイコニックデザイン」といった意味

出典 http://levolant-boost.com

車名は、ブンブンうなるという意味の"buzz"と、バス(bus)を掛けている。だが、このコンセプトカーの要点はそんな微妙な部分ではなく、スペース効率にある

出典 http://jp.autoblog.com

フォルクスワーゲン ID Buzz

出典 http://o.aolcdn.com

VWが提案する近未来のEVミニバン

フォルクスワーゲン ID Buzz

出典 http://levolant-boost.com


ミニバンとしての使い勝手の高さは、シートアレンジの多彩さから見てもハッキリと沸かす仕様になっています!後席のロングスライドやフラット化に加え、フロントシートが後方に回転し、セカンドシートと対面することも可能という多彩なシートシステムを採用しています。これは、このコンセプトモデルが近未来の完全自動運転への対応を見据えていることを表すものとも言われています。自動運転時はステアリングホイールがインパネに収納される。

外観デザインは、かつてのVWマイクロバスのイメージを感じさせてくれるのも嬉しいポイント。特にフロントマスクからボディの両サイドに流れるV字型ラインに、その面影が残されています。一方でドアミラーはカメラ(とディスプレイ)に置き換えられるなど、新しい技術が導入もされている。つまりこのコンセプトは、VWがかつてのマイクロバスを、電気駆動などを含めた先進の技術やデザインで再解釈したものといえるにちがいない。

フォルクスワーゲン ID Buzz

出典 http://levolant-boost.com

フォルクスワーゲン ID Buzz

出典 http://levolant-boost.com

フォルクスワーゲン ID Buzz

出典 http://levolant-boost.com

フォルクスワーゲン ID Buzz

出典 http://levolant-boost.com

フォルクスワーゲン ID Buzz

出典 http://levolant-boost.com


こんな多彩なシステムを搭載する「フォルクスワーゲン ID Buzz」キャンプに出かけるのに大活躍をするに違いないと思えます!このワーゲンで行ったら本当に楽しそう♪

1

関連記事

ピックアップ!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ