「乗り放題タクシー」が誕生か!? タクシーにも「定期券」

ニュース

「乗り放題タクシー」が誕生か!? タクシーにも「定期券」

国土交通省は8月30日、タクシーに定期運賃制度を導入する方針を固めたことを明らかにしたことで、定額で乗り放題のタクシーが登場しそうな勢いです!!

「乗り放題タクシー」実用化へ!?

8月30日に国土交通省がタクシーに「定期券」のような制度を導入する方針を決めたました。これはエリアと対象期間、時間帯を限定して定額で乗り放題にするということです。

この制度にあたっては「道路運送法」の一部を改正をし特例を設ける方針で、なんと、2018年度に実証実験を行い、19年度以降の実用化を目指すという以外にも直ぐに現実になるのかと思わせる方針です。

この期間に行う最大の理由は「19年のラグビーワールドカップ」、「20年のオリンピック」による来日外国人のインバウンドを狙うということがありそうな感じです。


31年度以降にはタクシー定期化の全国での実施を目指す

タクシー定期券

平成31年度以降の全国での実施を目指す。お年寄りの通院や子供の塾への送り迎え、通勤など、乗車する時間帯や区間が定まった場面でタクシーを利用しやすくし、新たな需要を呼び起こす。来年度に一部地域で実証実験する。

出典 http://www.sankei.com


国交省はこのサービスの導入で、高齢者の移動手段の確保のやタクシー需要の喚起を期待すしています。

今年1月30日に東京都内(23区・武蔵野市・三鷹市)では730円の初乗りを410円になり「ちょい乗り」需要を促す方針を打ち立て実施に至りました。
確かにこの金額になり「ちょっと」のい需要が増えたようにも思えます。

今回の「定期券」というものですと定額で一定区間が乗れる電車やバスと同じシステムです。もし、タクシーがこのシステムを導入すると、高齢者が「自宅~病院~買い物」の3か所まとめ乗りを定額で何度も使用することができようになることで、運賃を気にしない「日常の足としてのタクシー」という乗り物に代わってくることと思います。

さらにはビジネスマンの外回りなどの利用も見込めるので、利便性の向上や経費精算業務の軽減などの効果も期待できるといいます。

初乗り410円は上限、「公定幅」で380円!?


タクシーの料金システムはご存知でしょうか?
以外に分からない部分なので表で紹介します。

タクシー運賃表

出典 http://blogc.fujitv.co.jp

タクシー定期券

出典 http://travel.watch.impress.co.jp


この表を見ても何がお得とかは初乗りくらいしか良く分かりませんよね!
「ちょい乗り」がお得なのは確かですが、ではある程度走ったら支払金額は改定前と改定後では逆転することはあるのでしょうか?

長距離を乗る方は気になるところですよね!?


  

新料金で得するのは何キロまで?

上の図をもとに分かりやすく1~3kmで計算をしたいと思います。

改定前のタクシー料金なので初乗り2kmで730円、その後は280mごとに90円です。

◆ 改定前

1km:730円
2km:730円
3km:1,090円


さて、新しい運賃ではどのようになるでしょうか?こちらは初乗り1.052kmで410円、その後は237mごとに80円です。

◆ 改定後

  1km:410円
  2km:730円
  3km:1,130円


???????????????????????????

3kmで金額が逆転しました。(実際はもう少し前です)
この後、3kmを少し過ぎると逆転し安くなるのですが、6.5kmを境に現在の料金システムの方が高くなっています。

つまり、タクシー初乗り410円は短距離はお得!

タクシー

福岡市やNYでは「タクシー定期券」の前例もあります


実は、この定期券制度は一部地域で、すでに始まっているのをご存知でしょうか?

その地域は福岡市内で、2015年に自宅と指定した2カ所が定額・乗り放題となるタクシー定期券「ジェロンタクシー」が誕生しています。

タクシー定期券

出典 http://strategy.dyzo.consulting


そして同じく福岡県の北九州市にある三ヶ森タクシーでは、特定区間が載り放題の「定期券」や学生限定の「学生定期券」、さらには、あらかじめ希望した運賃の範囲で何回でも自由に乗車できるお得な「高齢者フリーパス」など定期券システムを提供しています。

ジェロンタクシーの語源はギリシャ語から派生した老齢を意味する「geront-」と学問の接尾辞「-logy」を組み合わせた言葉「Gerontology(ジェロントロジー)」。ジェロントロジー研究は、医学、法学、経済学、社会学等を集成し、学問の領域を超えた取り組みにより高齢を前向きに捉えて安心で豊かな活力ある高齢社会の実現を目指した様々な社会課題解決に向けた取り組みが進んでおります。

出典 http://prtimes.jp

まとめ

タクシー定期券


初乗りが安くなり便利になったタクシーですが定額にすることで利用者の囲い込み、日常の足としてのタクシー利用者を増やそうというのは分かります。
しかし、定額にすることで運転手さんへの負担はかかりそうな気もします。
それと同時に走行距離で金額が決まって、それがお給料として払われていたものが定額という事になると、その間の移動は何往復しても料金は一緒、つまり売り上げの数字は減ることも考えられます。

この金銭的なことを、どう克服するのかも課題の一つだと思います。

でも、高齢者の身近になるのは素晴らしい取り組みだと思います。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ